注目キーワード
「元カレとよりを戻したい…」諦めかけていた恋を叶えるための復縁ノウハウを更新中!

復縁したいならしっかりと冷却期間を取るべし!その間何をすればいい?

復縁を成功させるためにも、別れた後には、一定期間連絡を取らない「冷却期間」をおくことが大切です。

しかし、なぜ冷却期間を置かなくてはいけないのでしょうか?

また、どれくらい冷却期間が必要なのかも気になるところでしょう。

そこで今回は、この冷却期間についてまとめてみました。

記事を読む前に
【無料】タロットカード鑑定
  • どうすれば元カレと復縁できるの?
  • 彼の本音が知りたい…
  • 音信不通の元カレとよりを戻したい…

これらの悩みをタロット鑑定で解決します。

復縁業界で今注目のタロット鑑定で、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。

\ 無料キャンペーン実施中 /

無料鑑定はこちら

※20歳以上の女性限定です

復縁するためには冷却期間が必須です

冷却期間とは、別れた後にお互いが気持ちを落ち着かせるための大切な期間です。

復縁を果たすためには、一定期間この冷却期間を置く必要があります。

冷却期間を置くのには、いくつか理由があります。

ひとつは、相手の気持ちを少しでもフラットな状態にすることが目的です。

大喧嘩をしたり嫌気がさして別れを切り出したりするなど、あなたに対してマイナスの想いがあって別れた場合は、この冷却期間を置くことでかっとなっていた気持ちを少しづつ穏やかな状態へと持っていきます。

もうひとつはあなた自身の気持ちをいったんクールダウンさせるためです。

別れた相手に対して、いろいろと思う気持ちはあるでしょう。

伝えたい気持ちや、聞きたいことも山ほどあるかもしれません。

しかし、別れた直後では感情的になってしまい、相手のマイナスの気持ちを大きくしてしまったり、逆なでしてしまう可能性が強いのです。

それでは復縁どころか、ますますあなたから遠ざかってしまうのは目に見えています。

そうならないためにも、一度あなた自身が冷静になるための期間も必要になるのです。

冷却期間はありとあらゆるアプローチはNG

さて、この冷却期間ですが、どのようなアプローチも基本NGとなります。

直接会いに行ったり、顔を見に行くなんてもってのほか!当然ながら、電話などをかけるのもNGです。

あなた自身、クールダウンしていない状態で連絡を取ってしまうと、口をついて出てくるのは未練がましい言葉ばかりになってしまうでしょう。

別れに納得していなかったりした場合は、どうして自分ではダメなのかと説明を求めてしまったり、相手を責めてしまったりしかねません。

また、後悔ばかりの別れであった場合には、お願いだからもう一度チャンスを下さい!などとすがりついてしまうかもしれませんよね?

このような行動をとってしまうと、一気に相手はあなたと距離をとり、復縁から遠ざかってしまうのです。

「私は冷静に対応できるから大丈夫」なんて思っていても、相手はまだ気持ちの整理がついていない状態かもしれません。

そのような状態で何らかのアプローチをとることは、あなたの一方的なただの身勝手だと相手に移ってしまいます。

そうなると相手は、ただただうっとおしいと感じてしまい、ますます嫌われて距離ができてしまう可能性を高めてしまうだけなのです。

では、相手からの反応を求めないような、近況報告的な内容を、メールやLINEで送るのは大丈夫なのでしょうか?

実は、これもかなり危険な行動です。

あなたが逆の立場だったらどうでしょうか?

クールダウンしていない状況で、のほほんとした近況報告が送られて来たらどう思うでしょうか?

「こいつ何も反省していないな」
「で?なんて返してほしいの?」
「まだ自分に未練があるんだな~」
「こんな見えすいたアプローチしてきて、しつこいな・・」

なんて感じてしまうのではないでしょうか?

別れた時の状況とギャップがあればあるほど、白々しく感じてしまったり、怒りが増幅してしまうと思いませんか?

どのような内容にせよ、一定期間を置かずに連絡を取っていいことはほとんどないのです。

このように、相手の気持ちを無視したようなアプローチは、関係を余計こじらせてしまうだけです。

別れに至った理由を知りたいという気持ちもいろいろあるでしょう。

相手をどれだけ想っているかという気持ちを伝えたくて仕方がないという事もあるでしょう。恋しくて恋しくて、声だけでも聴きたくなることもあるかもしれません。

しかし、冷却期間はしっかりと割り切って、お互いが冷静になる必要があります。そのためにも、一切のアプローチを控える事が大切になるのです。

一般的にはどれくらいの冷却期間が必要なの?

では、実際のところ復縁を成功させるためにはどれくらいの冷却期間が必要になるのでしょうか?

一説によると、最低2カ月は一切の連絡を絶つべきだといわれています。また、ある恋愛アドバイザーは、半年は冷却期間を持つべきだとも言っています。

さて、いったいどの情報が正しいのでしょうか?
あなたは、どう思いますか?

おそらく答えは、「わからない」だと思います。

ですが、それは当然の感覚なのです。

突発的に大喧嘩をして別れた場合のように冷却期間を置かずに、ごめんねと反省の気持ちを伝えるだけで復縁することができるケースもあります。

しかし、ほとんどの場合は別れに至った理由も相手の性格もバラバラです。

それまで一緒に過ごした時間も当然ながらさまざまです。

したがって、あなた自身に必要な冷却期間も、相手にとって必要な期間もそれぞれ違うため、型にはめる事ができないのです。

とはいえ、もうあなたはある程度の冷却期間が必要だという事は理解されているはずです。

では、一体、いつまでおとなしく待っていればいいんだろう?
何か目安のようなものはあるのかな・・
ベストタイミングを逃して失敗したらどうしよう。

そう思われますよね?

大丈夫です。ご安心ください^^

間違いなく、その時は訪れます。

最も復縁の成功率が高いのは、相手から連絡があった時です。

また、しっかりと冷却期間を経て準備が整ったタイミングで、適切な方法であなたから連絡することでも復縁は十分に可能です。

準備が整ったタイミングとは様々なポイントがありますが、しっかりと冷静に対応できるほどに落ち着いていることや、相手があなたに対して好意を持てるようになった時になります。

そのためには、なぜ別れることになったのか?や、相手がどのような気持ちで別れを選択したのかなど、目をそむけずに理解することも必要になるでしょう。

また、あなた自身の魅力をより高めて、再会した時に相手に別れたことを後悔させるくらいの努力も必要になります。

少し話がそれてしまいましたが、冷却期間の間にしっかりとこのようなポイントをおさえておき、準備を整えておくことが大切になるのです。

逆に、別れを受け入れられず、まだまだ相手の気持ちが理解できない!と取り乱しているような状態であれば、例え別れから1年経っていたとしても「まだ冷却期間が必要」だと言えるでしょう。

まとめ

なぜ、冷却期間が必要なのか、ご理解いただけましたでしょうか?

別れのあとというのは、振られた方も別れを切り出した方も、気持ち的にはざわついていて冷静だとは言えない状態です。

しっかりとクールダウンの期間を経て、気持ちを落ち着かせることが、最低限必要になるという事を覚えておいてくださいね!

今すぐに復縁がしたいなら

最短で確実に復縁したい…!
  • 元カレと復縁する可能性は何%?
  • 元カレの本音が知りたい
  • 復縁する為にするべき事とは?
  • 元カレに連絡してもいい?
  • LINEブロックされてるけど復縁したい
  • 復縁のタイミングはいつ頃?

一人では解決が難しいこんな悩みを抱えていませんか?

復縁を叶えるために何をするべきかを導き出します。

\ 無料キャンペーン実施中 /

無料鑑定はこちら

※20歳未満の方はご利用できません

>諦めかけていた“恋”をお手伝いします。

諦めかけていた“恋”をお手伝いします。

相談実績は2000件以上。どんなに辛い恋だって簡単には諦められませんよね。別れても忘れられない元カレのお気持ちを再び引き寄せるために今あなたがするべき行動やそのタイミングがいつなのか、豊富な相談実績から導き出します。当サイトではLINEにて無料相談を受け付けています。まずは諦める前にご相談ください。

CTR IMG
LINE追加で復縁の無料鑑定を受付中