注目キーワード
「元カレとよりを戻したい…」諦めかけていた恋を叶えるための復縁ノウハウを更新中!

冷却期間って本当に必要?復縁のコツは“行動”と“タイミング”

恋人と喧嘩ばかりで、これからも一緒にいられるか不安…。将来のことを考えるなら、別れた方が良いのかな?

大人になれば、将来的な部分を考えて恋人との別れを選ぶ人も少なくはありません。

しかし、恋人を好きな気持ちも変わらないのであれば、軽率に別れを選ぶのはためらわれてしまいますよね。

そこで、恋人との関係に疑問を抱いたなら、冷却期間を作って今後の関係を見直してみるのも選択肢の1つです。

果たして冷却期間は本当に必要なのでしょうか。また、どれくらい作るのがベストなのかも悩ましいポイント。

冷却期間を経て復縁を成功させるためのコツについて考えていきましょう。

記事を読む前に
【無料】であなたの運命を鑑定します
  • どうすれば元カレと復縁できるの?
  • 彼の本音が知りたい…
  • 音信不通の元カレとよりを戻したい…

これらの悩みをタロット鑑定で解決します。

復縁業界で今注目のタロット鑑定で、あなたの恋愛の悩みを最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。

\ 無料キャンペーン実施中 /

無料鑑定はこちら

※20歳以上の女性限定です

復縁に冷却期間は必要!その理由は?

結論として、冷却期間を作ることは、しっかりと恋人との関係を考えていく上で必要です。

それは自分の気持ちと向き合うためには、ある程度の時間が必要だから。

その理由について、3つのポイントで解説いたします。

① 冷静に関係を見つめ直す時間を作るため

喧嘩をしたばかりで相手への鬱憤が溜まっている段階では、ヒートアップしていて冷静な判断ができません。

もしもあなたに非があったとしても、プライドが邪魔をしてなかなか謝れなかったり、どうして喧嘩に至ったのかすら正しく判断できなくなったり。

冷却期間を設けなければ、彼との関係がどんどん悪い方向へと進んでしまう可能性があります。

しかし人は忘れる生き物で、少し恋人と距離を置いて1人の時間を過ごしてみると、彼への怒りや鬱憤が徐々に薄まっていきます。

そうなれば、どうして喧嘩に至ったのか、何が悪かったのかを徐々に冷静に分析できるように。

今後の関係についても見つめ直す心の余裕が芽生えはじめます。

時には「時間が解決する」ことに頼ってみるのも大切なことですよね。

② お互いが必要なことを再認識するため

冷却期間を置いて気持ちが落ち着けば、喧嘩の原因だけでなく彼との今後についても考えられるようになります。

また冷却期間中は、多くの場合恋人として一緒にいる時間もなくなり、しばらくは1人で過ごすことに。

この1人の時間は、恋人との今後の関係を見つめ直すことができると同時に、彼への愛情を思い出すきっかけにもなります。

一緒にいない時間、恋人のことが恋しくなったり、また一緒にいたいと思うようになったり。

離れてみることで、改めて恋人があなたにとって大切な存在だったことに気づくきっかけができるかもしれません。

それはあなたのみならず、恋人にとっても同様です。

お互いが必要なことを再認識することで、冷却期間を経た後の復縁はより堅い絆で結ばれることでしょう。

冷却期間を経て復縁を成功させるのにベストなタイミング

復縁を見据えた冷却期間を作る上で、大切なのがタイミングです。

短すぎると恋人への鬱憤が晴れず、長すぎても自然消滅に近付いてしまいます。

そこで、復縁の可能性を考えるなら、ベストな冷却期間も見定めなくてはいけません。

そのベストな期間について、シチュエーションごとにご覧ください。

冷却期間の定番は2〜3ヶ月

一般的に冷却期間としてベストなのは、2〜3ヶ月ほどだと言われています。

2〜3ヶ月あれば、人は嫌な記憶を忘れて冷静に物事を判断できるように気持ちを切り替えられる可能性が高まります。

しかしこれは定番の数字であって、この期間通りに冷却期間を設けなければいけないわけではありません。

まずは2ヶ月ほどを目処に冷却期間を作って、あなたの気持ちと向き合っていきましょう。

明確に恋人と「2ヶ月離れて考えてみよう」と期間を提案して、お互いがちゃんと恋人との関係を考え直すきっかけを作るのも選択肢の1つです。

衝動的な喧嘩別れなら数週間

喧嘩がヒートアップして「もう別れる!」と衝動的に別れを切り出すパターンも、恋人同士では少なくありません。

この衝動的な別れは、その場の衝動や怒りがヒートアップした結果なので、少し冷静になれば早い段階で別れを告げたことを後悔する場合もあります。

その為、喧嘩別れが原因だった場合は2週間から1ヶ月など、早い段階で冷却期間を終えるのも良いでしょう。

もちろんこの場合も、一度は恋人との今後の関係を見つめ直す必要があります。

復縁してはまた喧嘩別れを繰り返して…ではあまり良い恋人関係を築けているとは言えませんよね。

どうして喧嘩してしまったのか、原因や解決策もちゃんと見極めた上で決断する必要があります。

もちろん喧嘩別れはしないことが一番です。しかし、恋愛はお互いの気持ちが大切だからこそ、時には意見がぶつかり合い喧嘩をしてしまう場合もあります。

では、喧嘩から衝動的に別れてしまわないためにはどうすれば良いのでしょうか。喧嘩別れから復縁を目指すための方法について、こちらでご紹介しています。

関連記事

些細な喧嘩で彼氏と別れることになり、そのまま連絡が取らなくなってしまうと、「このまま終わってしまうのかな」と不安になってしまうこともありますよね。 お互い嫌いなわけじゃないのに、自分が謝るのはなんだか悔しくて意地を張っていると、あとあ[…]

半年から1年の冷却期間もおすすめ

状況によっては、半年から1年の長い冷却期間を設けるのも悪くはありません。

例えば恋人との価値観のズレや日頃我慢していることがあり、無理をしている部分があるなど。

そうした恋人との時間や恋愛に疲れやストレスを溜め続けるのであれば、長めの冷却期間を置くことで関係を見直していきましょう。

また自分の気持ちと向き合うのが苦手な場合も、2〜3ヶ月の冷却期間から延長する形で長い期間を置くのも良いですね。

しかし、この場合気をつけたいのが自然消滅です。

長い冷却期間を置く間に相手へのストレスどころか一緒にいる楽しさも忘れてしまうと、そのまま復縁できなくなってしまいます。

冷却期間を置くことの意味をしっかりと忘れないように意識しておくことが大切ですね。

 

一方がはっきりと別れを告げた場合は?

一方がはっきりと別れを告げたのであれば、冷却期間を置くまでもなく復縁の可能性は無いように思えるかもしれません。

ですが、一度距離を置くことによって、別れを告げたあとでも復縁できる可能性はあります。

特に相手から別れを告げられた場合は、3ヶ月〜半年の長めの冷却期間を置くことが大切ですね。

その時、別れを告げられた理由についてちゃんと把握する必要もあります。

自分から別れを告げた場合は、やや短めに1ヶ月ほどの冷却期間を作るのがおすすめです。

別れを告げてすぐに復縁したい!と思っても、思い立ったその時に伝えると相手を振り回すことになってしまいます。

その為ある程度時間を置くとともに、誠意を持って相手に復縁したい気持ちを伝えることが大切です。

冷却期間から復縁を成功させるためにするべき行動

冷却期間はただ距離を置くだけでなく、その後に復縁を成功させるための行動も起こすことが不可欠です。

一度別れを選ぶと、復縁にはハードルが高くなってしまうもの。

だからこそ、これらの行動により復縁の成功率を高めましょう。

自分磨きをしてより素敵なあなたを見せる

復縁を目指すなら、まず恋人に「前のあなたとは違う!」と思わせることが大切です。

特に冷却期間は、多くの場合は数ヶ月あります。

数ヶ月あれば、1つ目標を掲げて自分磨きに集中することも可能です。

自分磨きの内容はダイエットやスキンケアなどの美容はもちろん、内面磨きのための勉強や趣味に集中するのも良いでしょう。

彼に会う機会が必要最低限にまで減る冷却期間だからこそ、彼を驚かせることもできるのです。

冷却期間を作ることにはネガティブなイメージを持っている人も多いかもしれません。

ですがその冷却期間を逆手に取ることで、より彼を夢中にさせることもできます。

より素敵になったあなたの姿を見せることで、復縁のチャンスを掴みましょう。

冷却期間に自分磨きをするなら、元カレにより自分を素敵だと思ってもらえるような行動をすることも大切です。

こちらの記事で、元カレからよりを戻したいと思ってもらうためのポイントについてご紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

関連記事

別れた元彼とよりを戻したいと考えている場合、あなたから復縁したいと伝えるよりも確実なのは、相手の口から「よりを戻したい」といってもらうことです。 復縁の立ち位置などはあまり考える必要はないとは思いますが、やはり「よりを戻そう」といわれ[…]

別れた原因を解決できるか考える

復縁しても、また喧嘩して別れてしまうことになれば意味がありません。

そこで、冷却期間中は別れた原因を解決できるか、関係をより良い方向に変えていけるかどうかも考えていく必要があります。

まずは、喧嘩の原因を見つめ直してみましょう。

喧嘩した直後のヒートアップした頭では正しい結論に導かれない可能性もあるので、少し時間を置いてから考え始めることが大切です。

そして考えた上で、その原因は解決できるかどうかについても見つめ直していかなければいけません。

この時「あなたが我慢すれば解決する」とは思わず、お互いがストレスを抱える必要がない解決法があるかどうかを考える必要があります。

より良い関係を築くための方法を導き出していきましょう。

復縁のために冷却期間を作る注意点

復縁は慎重にならなければいけません。

その復縁を成功させるため、適度な冷却期間を置くことはおすすめではありますが、この冷却期間中に意識しておきたい注意点も存在します。

冷却期間中に頻繁に連絡しない

冷却期間中に頻繁に連絡してしまうと、別れた直後の険悪な雰囲気が頻繁に呼び起こされてしまいます。

また彼の方から別れを告げられた場合、頻繁に連絡すると彼に未練があることが容易に伝わってしまい、かえって距離を取られたり、最悪の場合ブロックされ音信不通になってしまう可能性も。

そこでまずは、彼との連絡は必要最低限にしておきましょう。

自分からは連絡せず、仕事などで必要な最低限の伝達事項のみにしておくことが大切です。

ただ、この時のポイントは自分のSNSや近況は、彼が見られる状態にしておくこと。

SNSなどを通じて、あなたの元気な姿や自分磨きをして素敵になった姿を見せることで、彼の注目を集めるきっかけになります。

別れを選ぶならはっきりと伝える

冷却期間を作ることで、時には復縁ではなく本当に別れを選ぶ方が建設的だと思う場合もあるかもしれません。

しかし、今後の2人の関係を見直すために冷却期間を置くことを2人で決めていたり、彼から復縁を迫るメッセージが何度も来ている…。

それなら、はっきりと別れたい気持ちを伝えてしまうのも良いでしょう。

うやむやにしてしまうと、彼の気持ちを蔑ろにしてしまったり、ずっと彼があなたに未練を抱き続けることになってしまいます。

一度はお付き合いをした相手だからこそ、誠意を持って相手に向き合うことで、お互いがより良い方向へと進んでいける方法を選びましょう。

まとめ

復縁のために冷却期間を置くことは、とても大切なことです。

気持ちを落ち着けるためには、ある程度の時間経過もとても大切なことだからです。

しかし、ただしばらく距離を置くだけでは復縁には近付けません。

冷却期間中に、彼との関係をより良くするためにはどうすれば良いのか、今一度考えることが不可欠です。

それをしなければ、冷却期間を経てお互いの気持ちさえ離れていってしまうかもしれません。

適度な冷却期間の後は、話し合えるチャンスを作ることで、復縁のために真剣に話し合いましょう。

冷却期間を経て、元カレと今後について話し合うチャンスを得られたら、その話し合いを成功させるための工夫も大切です。再開した時にやってはいけない行動も押さえながら、彼との関係をより良い方向へと進めていきましょう。

関連記事

一定の冷却期間を経て、別れた彼と再会を果たすところまで来たら、復縁成功までもう少しですね。 ですが、せっかく彼と会えるチャンス、変な話題で空気を悪くしたくないと思う気持ちってありませんか? そこで、今回はどんな話題が再会の時のタ[…]

今すぐに復縁がしたいなら

最短で確実に復縁したい…!
  • 元カレと復縁する可能性は何%?
  • 元カレの本音が知りたい
  • 復縁する為にするべき事とは?
  • 元カレに連絡してもいい?
  • LINEブロックされてるけど復縁したい
  • 復縁のタイミングはいつ頃?

一人では解決が難しいこんな悩みを抱えていませんか?

復縁を叶えるために何をするべきかを導き出します。

\ 無料キャンペーン実施中 /

無料鑑定はこちら

※20歳未満の方はご利用できません

>諦めかけていた“恋”をお手伝いします。

諦めかけていた“恋”をお手伝いします。

相談実績は2000件以上。どんなに辛い恋だって簡単には諦められませんよね。別れても忘れられない元カレのお気持ちを再び引き寄せるために今あなたがするべき行動やそのタイミングがいつなのか、豊富な相談実績から導き出します。当サイトではLINEにて無料相談を受け付けています。まずは諦める前にご相談ください。

CTR IMG